写真集

『True Feelings』爪痕の真情。2011.3.12〜2012.3.11
初沢亜利 写真集

写真家 初沢亜利が追い続けた被災地、一年間の記録。 現実を伝えながらアート作品として綴る渾身の一冊。

本書は、写真家 初沢亜利が、東日本大震災発生の翌日から一年間、現地に通い撮り続けた真実の記録です。

震災によって変わり果ててしまった現地、その衝撃の景色からはじまり、徐々に復興・整備されていく時間の流れを感じながらも、 被災者たちが見せる一瞬の希望と心の闇など、精神性をも捉えた写真集として制作しております。

そして被災地でありながらも写真家としての主張を貫き、あくまでもアート性の高い仕上がりに拘っているのが特長です。 巻末には、初沢亜利自身による一年間にわたる執筆も掲載(三栄書房GENROQ誌にて連載)。

その月毎に構成された各文は、一般的な報道では伝えられることのない、その時々の空気を感じることができます。 また、早稲田大学法学学術院教授の塚原 史氏による評論も掲載し、写真家 初沢亜利の世界感にも触れております。

◆『True Feelings』 爪痕の真情。2011.3.12〜2012.3.11
◆寸法:天地270×左右298ミリ
◆頁数:全128ページ
◆定価:2667円+税(税込価格:2800円)
◆発行:2012年4月6日
◆発行:三栄書房

■初沢亜利 プロフィール
1973年、フランス・パリ生まれ 上智大学文学部卒業
第13期写真ワークショップ・コルプス修了
イイノ広尾スタジオを経てフリーランスとして活動する。
ファッション、グラビア、クルマ、宝塚歌劇などの撮影を手がけながら、 作品発表も精力的に行っている。

[写真集]
Baghdad2003 (碧天舎)

[個展]
2000年「Tokyo Poesie」(新宿ニコンサロンJuna21)
2001年「humanite」(AKI-EX GALLERY)
2003年「Baghdad2003」(AKI-EX GALLERY)
2007年「東京午前五時、200人のポートレート」(ARIKA-ART-SITE)
2012年「True Feelings」(ARTE GIAPPONE 、MIRANO)

[ 戻る back ]