写真展スケジュール

石原康臣写真展 「新宿ノサニワニ」
6月19日(日)〜7月2日(土)

1976年 群馬県生まれ
2001年 多摩美術大学美術学部芸術学科卒業

高校次よりビデオで劇映画を撮り始める。
大学次には萩原朔美ゼミに所属しビデオアート、実験映画、ドキュメンタリー映画など様々な映像を撮り始める。
また、現代美術作家の共同アトリエ「スタジオ食堂」に関わり、2000年の解散まで4年間の記録を撮りながら、同アトリエの現代美術家の作品の映像製作を行う。
同時に土方巽記念アスベスト館に所属し、元藤子に師事。暗黒舞踏を学ぶ。
1998年元藤子公演「土方巽とともに-昭和というかげろう-」(世田谷パブリックシアター)にて初舞台を踏む。

大学卒業後は現代美術家として、主に映像を使用したインスタレーションや写真作品を製作する。
近年のテーマは『彼岸・場の力』。
日本の神話や祭り、土着的文化をモチーフに、写真や映像を使用したインスタレーションなどで「向こう側(常世)」を現前化する作品制作を行う。

2001年から2003年まで多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科研究室副手。
2003年から2004年まで横浜美術短期大学非常勤講師。
2003年から2009年まで大正大学文学部表現文化学科非常勤講師。
2009年から大正大学表現学部表現文化学科放送・映像表現コース助教。
1年生の映像の基礎教育から2、3年生の映像制作授業、また4年生の卒業制作ゼミを担当。現在に至る。

また広告映像のディレクターを担当。日本コカ・コーラ(株)、GAP JAPAN(株)、成田国際空港(株)など様々な企業広告映像を制作。(敬称略)
現在、美術家 萩原朔美の制作作品を借り受け、管理し、萩原朔美研究を行う。
また、近年の同氏の映像作品の撮影担当も行っている。

個展
2006年 WEDDING EXHIBITION(T&G Artsギャラリー・東京・六本木)
2005年 彼岸(Contemporary Photo Gallery・東京・新宿)
2004年 ??a??{(Contemporary Photo Gallery・東京・新宿)
P-review(Contemporary Photo Gallery・東京・新宿)

主なグループ展
2010年 126 POLAROID さよならからの出会い(横浜美術館・神奈川・横浜)
2009年 写真の時間(新宿眼科画廊・東京・新宿)
倉敷フォトミュラル2009(倉敷駅前アーケード、アイビースクエア・倉敷・岡山)
2008年 さよならポラロイド(ART SPACE煌翔・東京・阿佐ヶ谷)
2007年 倉敷フォトミュラル2007(倉敷駅前アーケード・倉敷・岡山)
2005年 Vitz Meets Art(MEGA WEB トヨタシティショーケース・東京・台場)
1999年 VISUALAB 2000(ニッパーズ銀座・東京・銀座)
神の左手悪魔の左手(Sugar Water Bar・東京・渋谷)

舞台 2002年 Jumpers −自殺者はブルースを歌う [映像](シアターχ・東京・両国)
2002年 カラザ02 [出演・映像](シアタートラム・東京・三軒茶屋)
1998年 土方巽とともに-昭和というかげろう [出演](パブリックシアター・東京・三軒茶屋)


2009年 倉敷フォトミュラル2009 選出(「景-水中より」・写真作品)
2007年 倉敷フォトミュラル2007 選出(「景」・写真作品)